引っ越し前のあいさつでおすすめの手土産9選!のしやマナーもご紹介!

引っ越しのあいさつといえば、新居でのご近所さんを訪問することが思い浮かぶでしょうが、これまで住んでいた旧住宅でも挨拶は必要です。

ご近所付き合いが少ない家庭でも、引っ越しの準備作業で騒音が出たり、引っ越し当日は荷物の搬出や車の出入りで通路をふさいでしまったりと、少なからずご迷惑をおかけしてしまいます。

引っ越し前にあいさつをしておくことで、これまでお世話になったお礼と引っ越し日や作業時間を伝えておくと、当日もトラブルなくスムーズに引っ越し作業がすすむでしょう。

スポンサーリンク

引っ越し前のあいさつで贈る手土産!おすすめ9選

引っ越し前のあいさつに行くとき、これまでのお礼を込めて手土産を持っていくのが礼儀です。

手土産の相場はどれくらい?

引っ越し前のあいさつでは、それほど高額な品は必要ありません。

なぜなら、あまり高額だと「何かお返しが必要かも」と逆に相手に気をつかわせてしまうからです。

なので予算は1軒あたり200円から1000円程度が良いでしょう。

挨拶の品におすすめの商品を選ぶポイントは

手土産におすすめな品を選ぶポイント
  • 家に在庫があってもじゃまにならないもの
  • 毎日のようにつかうもの
  • 誰もが知っている商品で、生活の中で必ず使うもの
  • 大き過ぎずかさばらないもの

家に買い置きや在庫があっても困らない日用品だと、もらってすぐに使わなくても困ることはありません。

生活している中で毎日使うもので、使ったら消えてなくなる消耗品や食べ物も喜ばれます。

訪問先の家族構成によって使わない物であると困るので、一人暮らしでも家族持ちでも大人も子供もつかうものを選びましょう。

日用品であってもたくさん入っていたり、おおぶりなものでは相手も気をつかうので、品物が大き過ぎずかさばらない、手軽に受け取れるものがよいでしょう。

不在の時にはドアノブにかけたり、郵便受けに入れておける程度の大きさのものが親切ですね。

あいさつで贈るのにふさわしくない物

引っ越し前のあいさつでNGな品
  • 香りが個性的だったり、趣味や好みが分かれるもの
  • 新商品などまだ認知度が低いもの

香りやにおいが個性的で好みが分かれるものは避けましょう。最近はやっている衣類につける香りの柔軟剤やアロマ入りの消臭剤などは、男性の一人暮らしや小さなお子さんのいる家庭ではあまり好まれません。

また、新商品で発売されたばかりの認知度が低いものももらって方が使用法に戸惑うかもしれません。例えば洗濯用のジェルボールなど、お年寄りだけの家庭では使い方がわからないのでもらっても困ってしまいます。

引っ越し前のあいさつでおすすめの物は

 あいさつで贈るおすすめのものをご紹介します。

  • 日持ちする食品…焼き菓子、乾麺、茶 、紅茶など
  • 日用品…ティッシュペーパー、ラップ、ハンドソープ、食器用洗剤、ジッパー付きビニル袋 など

家庭によっては単身赴任で生活時間が合わなかったり、出張などで不在の家庭もあるので食品を選ぶなら2週間~1ヶ月ほど賞味期限があるものにしましょう。

焼き菓子

乾麺

お茶

紅茶

日用品では生活の中で必ず使う消耗品を贈ると、買い置きがあっても邪魔にならずに喜ばれます。

最近ではジッパー付きのビニル袋でかわいい模様入りのものも売られていますよね。

小さい子さんがいる家庭ではキャラクターのついたジッパー付き袋は便利で使いやすいのでお勧めです。

ティッシュペーパー

 

ラップ

ハンドソープ

食器用洗剤

ジッパー付きビニル袋

もらった方がお返しなどの気遣いをしなくてもいいような、手ごろな値段の物をおくるといいですね。

あいさつ品はどこで買うのがいいの?

引っ越し前のあいさつで、3~4軒分だけ必要な場合はデパートや百貨店、スーパーで購入し、サービスカウンターで包装をしてもらうのが良いでしょう。

なかなか車で買い物に行けない場合はネットでもさまざまな商品が買えるので、事前にネットで購入しておくのも良いですね。

ネットで購入する場合は、セールなどを行っていると配達まで時間がかかることがあるので、早目に注文して準備をしておくようにしましょうね。

また、集合住宅や社宅などで同じ階段や階のみなさんにご挨拶の品を贈る場合は、ホームセンターなどでまとめて購入してもサービスカウンターで包装してもらえます。

少しでも出費をおさえたい場合は、百貨店などよりもホームセンターの方がお得に買えますよ。

引っ越し前のあいさつで持参する手土産はのしをかけた方がいいの?

あいさつの時に贈る手土産には、のしをかけておくのをお勧めします。

万が一訪問先が不在だった場合でも、ドアノブや郵便受けに置いてくる際に、のしがついていると送り主の名前が書かれているので、誰からいただいたものか一目でわかります。

引っ越しのあいさつで使うのしの種類

のしの種類と表書き

  • 種類…白赤の蝶結び
  • 表書き…お礼、ご挨拶
  • 表書きの下…自分の苗字

あいさの表書きで「粗品」と書く場合もありますが、謙譲語として粗品と書くのは商業施設の開店祝いでなどで無料で配られるものに使われます。

引っ越しであいさつに伺うときは、粗品は使わない方がいいでしょう。

社宅などでは住んでいる世帯も多いため、あいさつに贈る品がたくさん必要になります。

そこで5箱入りのボックスティッシュなどを一つずつにばらし、自分でのし紙を用意して、ティッシュ箱に直接貼りつけるということもできます。

のし紙は百貨店や本屋さんの文具売り場や、最近では100均でも購入できます。

パソコンが得意な場合は自分でのしの表書きを印刷できますし、文字を書くのが得意な人は筆ペンなどで自筆で書いても気持ちがこもっていてよいですね。

転勤族のわが家がこれまでに贈った&もらって嬉しかったあいさつ品

引っ越し回数10回以上のわが家がこれまでに贈った手土産をご紹介します。

わが家は転勤族なので、これまで主人の会社の社宅に住んでいて2~3年ごとに引っ越しを繰り返しています。

また、住んでいる間にたくさんの家庭をお見送りしてきました。

わが家が贈ったあいさつの品

  • ハンドソープ
  • ボックスティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 食器用洗剤

わが家は社宅に長く住んでいるので、同じ階段を利用している10世帯すべてと、階段が違う隣の家、自治会の組長さん、管理人さんなどへあいさつをするので、毎回あいさつの品は15個くらい準備します。

購入先はほとんどホームセンターで、これらは一つずつでも包装紙とのしを付けてくれました。

ハンドソープなどは箱に入れないで、そのまま包装紙で包むのでデコボコしていてかなり不格好でした。

しかし、その上からのしを付けると意外とさまになって不格好ではなくなりました。

お願いすると手提げ袋も必要な枚数もらえるところもあります。

単身者が多い社宅などでは、生活時間が違っていたりするので、あいさつに伺っても不在の場合が多いです。

手提げ袋に入れておくと不在の時でもドアノブにかけて、のしの名前のところに部屋番号を書いておくと相手にも要件が伝わるのでおおススメですよ。 

これまでもらったあいさつ品

  • お菓子
  • 食器用洗剤
  • 洗濯用柔軟剤
  • トイレットペーパー(柄入りのおしゃれな物)
  • キッチンペーパー
  • ボックスティッシュ
  • ハンドソープ
  • ラップ
  • タオル

転勤で引っ越してきた家庭からもらった中で、お菓子は引っ越し前の土地の名産品など珍しいものが多かったです。

何度も転勤を繰り返している家庭では、包装も簡素で数百円程度のものが多く、初めての転勤や新婚さんなどのご家庭からは、箱菓子やタオルセットといった少しお高めの物をいただくことが多かったです。

引っ越し前のあいさつの品はもらっても困らない物を選ぼう

せっかく挨拶の品を工夫して選んでも相手にとって、もらって困るものであれば弥陀になってしまいます。

もらった相手が気をつかわない程度の金額で、ふだんの生活で使える消耗品を選んで贈るようにしましょう。

もし自分で使わない物をもらってしまったら

以前は、もらっても使わない物や好みに合わない物は、わが家の場合は友人にあげるか実家へ送っていました。

しかし、子どもが幼稚園に入ると毎年バザーがあり寄付でいろいろな商品を集めています。

親族などが近くに住んでおらず、転勤が多いわが家では、引き出物や贈答品が自宅になかったり、余計なにもつをできるだけ増やさないように普段から工夫しています。

しかし、引っ越しのあいさつで頂いた物の中でせっけんなど香り好みでない物やラップなどでも使わないサイズの物をいただいたら、子どものバザー用にとって置いています。

園によってはバザーの寄付品を各家庭3個などノルマがあるので、誰かにあげたりフリマやリサイクルショップで売る前に、子どもの通う幼稚園や学校でバザーがないか確認することをお勧めします!

さいごに

引っ越し前のあいさつには、手土産を持っていくのが礼儀です。

ご挨拶に品には、家庭にあっても邪魔にならず、誰でも使う日用品や消耗品がおすすめです。

購入場所はデパートや百貨店、ホームセンターでまとめて買うことができ、サービスカウンターで包装紙で包み、のし付けてもらえます。

インターネットで商品を注文するときは、配達日時に余裕をもって注文するようにしましょう。

手土産を自分で小分けにしてのしを付ける場合は、百貨店や本屋さんの文具売り場や、最近では100円ショップでも購入できます。

引っ越し前のあいさつで、訪問する家庭が不在の時に困らないようにのしの自分の苗字を書き、郵便受けやドアノブにかけて置ける大きさの品を選ぶとよいですね。

引っ越し前のあいさつで贈る手土産の選び方やおすすめをご紹介しました。

あなたの引越し準備が、スムーズにできるようこの記事を是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク